このブログの影響、悪影響もよく解って来た。
やはり続けたからだろう、
ブログを始めてから、実は売る上げは下がる一方だった。
まあ、言いたい事を言うので、


しかし、どこの誰か解らない人が、
この世界では一番強い、
と、言う不思議な世界だ。
ある方が書かれていたが、
反論があれば自分のブログでと、
本当にそうだと思う、



も一つたちが悪いのが、
ブログも無い人達だ。
やられっぱなしになる。
それもブログのリスクなので、
仕方ないのだが、
陰口と同じだ。
私はブログも開いている。
店のドアも開けている。


いつでもどうぞ!なのだが・・・
まさかこれを書く事になるとは思わなかった。
先日も書いたが、パチンコ屋の記事のコメントだ。
飲み屋の店主がパチンコのネタを書き出したら、
終わりやでぇ〜、と書かれていた。


では、初めは禁煙を始めた。
パチンコ屋のタバコだらけの空間で、
耐えれるか、試しに行ってみた。
パチンコ等殆どした事が無いので、
よく解らなかった。


そこで見た。
今のパチンコ屋さんは、凄い、
何がと言うと、イケメン揃い、
美人揃い、親切な子が居た。
20代前半の若者だ。
この子は自ら話しかけて来た。
笑顔が素敵な好青年だった。


カウンターの中に色白のお人形のような女性が、
それから、通った。
何軒か見に行った。


が、ある一軒の店がやはり気になる。
何度か通い、
歩き方を見た。
綺麗な動線を描く、
男の子も、女の子の方も、
タバコの灰皿を変えるタイミングも、
やはりその二人は早い、
このあたりの所作は、BARでも十分通用する。


一人、もっと仕事が出来る子が居るのだが、
この子は社員のようだ。
しかも、30を越えているように思う、
シフトも見ていた。


色白美人は6時に帰る。
20代前半の若者は、
週2日か3日のようだ。
まずはこの子だ。
しかし、あの轟音の中、
中々喋れない、
ブランド物のジャケットを着て、
真っ白なスカーフ、
お洒落にも気を使った。
やはりこちらに興味を持ってもらわないと、


後は、名刺を渡すタイミングなのだが、
上手く行かない、
しかもパチンコ打たずに座っても居られない、
まずい事にパニックも起こし、
寅さんの曲で涙を流してしまった・・・
変人だと思われたのでは・・・


お解かり頂けたでしょうか、
地獄のような不景気の中、
少しでも売り上げを上げようと、
パチンコ屋にスカウトしに行く、
マスターのお話でした(笑)


あの色白美人が来てくれたら、
週2日で月うん十万は売り上げるだろう、
寂しい話だが、そういうものなのだ・・・・




店に来れば、こんな話、
皆、知っていますよ、


私達は優雅に装う、
水鳥と同じ、
しかし水面下では、必死に水を漕いでいるのだ・・・
それも当店従業員、名古屋人の金髪が、
そろそろ独立したいと言い出したと言う事もある。


同業者の所で、スカウトすればマナー違反だ。
そこで、私が選んだのが、パチンコ屋さんだったのだ。




↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村