ジョナサン・ゴールドスタイン,ジョン・フランシス・デイリー監督作「お!バカんす家族」("Vacation" : 2015)[BD]

父親の発案により、夏休みに車で長距離旅行をする事になった一家の、珍道中ぶりを痛快に描くコメディ作品。

 

弱小国内線航空会社エコノエアーのパイロットであるラスティは、シカゴで妻デビー、長男ジェイムズ、次男ケヴィンと暮らすお調子者の父親。ケヴィンが何かにつけジェイムズを誂ってはいじめる為、ラスティとデビーは手を焼いている。一家は毎年夏休みをラスティの好きなシボイガンの丸太小屋で過ごしているが、デビーと子供達は飽き飽きしている。今年も夏休みを間近に控えた頃、ラスティは知人一家の海外旅行話に触発されると、自らが子供の頃に家族と思い出を作った、カリフォルニアのテーマパーク「ワリーワールド」まで、車で大陸横断の旅をする事を決める。ラスティの提案に対し、デビー達は渋々応諾する。

ラスティは早速レンタカーを準備するが、祝日で車の選択肢が無く、無数のスイッチの付いたリモコンによって、多種のギミックが作動する奇妙な車に家族を乗せると、カリフォルニアまでの2560マイルの道程を意気揚々と出発する。ラスティはワリーワールドにこだわる理由として、国内で一番怖い最新ジェットコースター「ヴェロシラプター」の存在を挙げる。

出発して程なく、ラスティは車の無線機能を使って、後続の大型トラックに挨拶がてら交信を試みる。その際、ケヴィンは悪ふざけでトラック運転手がレイプ犯の様に指摘し、ラスティもまた小児性愛者だと詰ってしまう。道中、ジェイムズはすれ違ったジープに両親と乗る同年代の娘アディーナに一目惚れし、目配せするが、ケヴィンがその邪魔をする。

メンフィスに着くと、ラスティはデビーの通ったメンフィス州立大学を子供達に見せるべく、立ち寄る。大学構内では、学生達がビールを一気飲みした後、障害物競走に挑むチャリティイベントに興じて馬鹿騒ぎしており、デビーは学生に自らがOGであり、イベントの発案者だと明かす。学生達は、デビーが在校時に数々の破廉恥な偉業を成し遂げた事で伝説とされる「無敵のデビー」だと知り、色めき立つ。デビーは悪い行いを称えてはならないと指摘するが、学生達に失望され、更に年寄り扱いされた事で、功績を証明すべく、イベントに挑戦する。デビーは一気飲みして果敢に競争に挑むも、ビールを吐きまくった上に障害物から転落し、醜態を晒す。

大学を出発して程なく、お気に入りの曲を聴いてご機嫌なラスティは、先に遭遇したトラックが再び後方から接近している事に気付く。ラスティは無線で詰った為に運転手が殺しに来たのだと察し、車内の数あるボタンを押して対抗措置を取ろうとするも、意味不明なギミックが作動するばかりで役に立たない為、アクション映画の様に急ブレーキを掛けて車体を反転させ、回避しようと企てる。しかし、それは無残に失敗し、車は横転を繰り返した後に停止する。トラックもまた停止した為、ラスティはその隙に車を発進させ、トラックをやり過ごす。

夜、一家はモーテルに到着する。ラスティは「無敵のデビー」についてこれまで明かして来なかったデビーに、過去の経験人数を問い質し、デビーは已む無く約30人だと打ち明ける。ラスティは苦労の末に経験したのが3人だと明かし、惨めだと嘆く。デビーは未熟で無鉄砲だったと昔を振り返ると、今は真面目になって淫らさが減り、セックスもマンネリだと指摘し、趣向の変化を希望する。ラスティはシャワー室でのセックスを提案し、デビーは快諾するものの、シャワー室は酷い汚れで使い物にならず断念する。

一方、ジェイムズはモーテルに併設されたジャグジーでアディーナと遭遇する。ジェイムズはアディーナと親交を深めようするが、そこにラスティが通りすがりの男を装って現れ、恋のキューピッドよろしくジェイムズに恋人がいない事をアピールする。アディーナはラスティが不審者だと悟って立ち去り、ジェイムズは好機をふいにする。

翌日、一家はモーテルを出発すると、間もなくアーカンソー入りし、ラスティの勧めで温泉に立ち寄るが、激しい混雑ぶりに途方に暮れる。一家は地元の男から秘密の近道を教えてもらうと、森に分け入った先で無人の温泉に辿り着く。一家は貸し切り気分で嬉々として温泉に浸かる。しかし、実はそこは未処理下水の滞留池であり、一家は人糞や投棄物まみれになった後でそれに気付き、慌てて飛び出す。車に戻った一家は、車上荒しに遭い、金と荷物が全て盗まれた事に気付く。

一家はその足で、テキサス州プラーノにあるラスティの妹オードリーとストーン夫妻の農場に立ち寄る。ストーンは地方局のお天気マンで、キー局の注目を浴びる程の前途洋々な人気者であり、一家は豪邸で夫妻の饗しを受け、ストーンの自慢話を聞かされた後、一泊する。デビーはラスティをセックスに誘うが、ラスティはそれがストーンに触発されたせいだと指摘し、デビーの反感を買う。その時、ラスティはデビーが指輪をしていない事を指摘し、デビーはどこかで落とした事に気付く。翌朝、ラスティは牧場の牛追いの手伝いを買って出るが、不注意でカートを牛に衝突させて肉片まみれになり、ストーンの顰蹙を買う。

一家は更に西進し、アリゾナ州ホルブルックのモーテルに到着する。夜、子供達が眠りに就くと、ラスティはマンネリ打破の為に、4つの州が交わるフォーコーナーズでのセックスをデビーに提案し、デビーは快諾する。ラスティ達が出発した後、ジェイムズが目を覚まし、部屋の外に出ると、広場で寛ぐアディーナと再会する。一方、フォーコーナーズに到着したラスティ達は、早速セックスに興じようとするが、先客のカップルが多数行列を成している事を知って当惑する。そこにユタ州の警官が取り締まりの為に駆け付け、ラスティ達だけが逃げ遅れる。警官は2人を公然わいせつで逮捕しようとするが、そこへコロラド州、アリゾナ州、ニューメキシコ州の警官が立て続けに現れ、それぞれが管轄を主張し、銃を突き付けていがみ合う。ラスティ達はその隙に乗じて逃走する。ジェイムズはアディーナと良い雰囲気になり、キスをしようとするが、そこにケヴィンが現れて邪魔をする。ジェイムズはアディーナにやり返す様に唆され、力でケヴィンを圧倒する。ジェイムズは虐めを止める様にケヴィンに命じると、初めて力関係を逆転できた事の礼をアディーナに告げるが、アディーナは呆れる。

翌日、一家はグランドキャニオンに到着すると、急流下りに挑戦する。一家はガイドのチャドから指導を受けるが、その最中にチャドは婚約者から連絡を受け、一方的に婚約破棄を告げられて悲嘆する。チャドは自暴自棄になり、一家を乗せたボートを激流の方向へ導く。やがて滝が目前に迫ると、一家は命からがらボートから脱出し、陸に上がるが、チャドは滝壺に転落死する。

デビーと子供達は死にかけた事で旅に辟易し、ラスティの意に反して自宅に帰りたいと懇願する。程なくして、車が砂漠のど真ん中でガス欠になり、携帯も圏外の為に、一家は立ち往生を余儀なくされる。ラスティは窮余の策として、数あるリモコンのボタンに望みを託すと、予備タンクが作動するも、車は自走を始めた直後に爆発し大破する。デビーは尚も呑気なラスティに、旅が失敗だった事を認める様に迫る。ラスティは失敗を認めると同時に、デビーが惨めなパイロットの自分に幻滅していると指摘し、本当は国際線からの誘いを何度も受けながら、家族と暮らす時間を優先すべく、断ってきた事を明かす。ラスティはデビーと子供達がもっと良い夫、父親を見つけるべきだと嘆く。そこに再びかつてのトラックが接近する。ラスティは自分が追われているのだと悟り、逃走する。しかし、それは誤解であり、運転手はミズーリでデビーが落とした指輪を拾って届けに来た事が判明する。ラスティ達は運転手にサンフランシスコまでの同乗を請う。

一家はB&Bを営むラスティの両親の家に到着する。両親は旅の経緯を聞くと、愛し合っている様に見えるオードリーとストーンが実は仮面夫婦だと明かし、ラスティとデビーを見習うべきだと説く。その夜、ラスティはデビーが旅の間に読んでいた本が、結婚の破綻について説く内容だった事を知り、夫婦仲の危惧をデビーに問い質す。ラスティは旅で家族の絆ができると妄信していた事を詫びる。デビーは家族の為にキャリアを犠牲にし、思い出作りに頑張ってくれたラスティを労う。ラスティは再び指輪をデビーの指に嵌め、妻でいて欲しいと請い、デビーは快諾する。2人は愛を確かめ合い、セックスする。

翌朝、旅を中止してシカゴに戻ろうとするラスティに、父親は旅を諦めずにゴールを目指す様に促し、所有する車を貸し与える。一家は気を取り直して、サンタモニカのワリーワールドに到着する。一家は意気揚々とヴェロシラプターへ向かうが、4時間待ちの行列を余儀なくされる。ようやく順番が回ってきたところで、プラチナパスを所持する一家が優先され、そこで営業終了となる。その一家の主は、大手航空会社のパイロットでライバルのイーサンだと分かり、ラスティは譲れないと主張するが、イーサンは弱小会社のラスティを軽侮する。ラスティは憤慨し、イーサンを殴り飛ばすと、家族も加勢し、両者の家族は総出になって格闘を繰り広げる。イーサン達が退散すると、ラスティ達は空いた座席に乗り込む。ところが発車して間もなく、車両はループの頂上で逆さのまま停止する。夜、一家は救助された後、徒労感に包まれて帰路に就く。

翌日、一家は空港へ向かう。ラスティは子供達に先にシカゴに帰る様に伝えると、デビーと共に一週間のパリ旅行に出発する。トイレの前の座席で12時間のフライトだが、デビーはラスティの心遣いに甚く喜ぶ。

f:id:horohhoo:20160310144426j:plain

f:id:horohhoo:20160310144431j:plain

f:id:horohhoo:20160310144435j:plain

f:id:horohhoo:20160310144439j:plain

f:id:horohhoo:20160310144442j:plain

f:id:horohhoo:20160310144445j:plain

f:id:horohhoo:20160310144449j:plain

f:id:horohhoo:20160310144452j:plain

f:id:horohhoo:20160310144454j:plain

f:id:horohhoo:20160310144459j:plain

f:id:horohhoo:20160310144504j:plain

f:id:horohhoo:20160310144509j:plain