利回り10%のブラジルレアル債など、証券会社で売ってます。


ディスカウント債を証券会社から買えますが、

なぜ資金調達が簡単な証券会社が10%の利回りの債権を売ってくれるのでしょうか。


それはもちろん、証券会社が自由に値段を設定して買主にババをひかせるためです


ディスカウント債と聞こえはいいけれど、割引債であり、割引率は証券会社の思うままに相対取引として設定できます。

売るときは買い主に不利な値段で売り、エンドユーザーが債権を売るときは買いたたく。


証券会社が好き勝手に値段を設定できるのがディスカウント外国債です。


途中売却を前提として購入するのは危険です。

(途中売却したら非課税になるので)


証券会社の思うままに割引されてしまいますので。


よく調べてから購入しましょう